児童手当まとめ

MENU
スポンサーリンク

児童手当 まとめ

スポンサーリンク

児童手当まとめ記事一覧

児童手当は自分から申請しないともらえません。児童手当の申請方法と必要書類や持ち物について調べましたので参考にして下さいね。児童手当の申請方法「児童手当」が、まずどんな人がもらえるかというと・・・中学校卒業まで(15歳に達した後最初の3月31日まで)のお子様を養育している方に支給されるものです。一度申請すればあとは、年に一度6月に届く現況とどけというものを毎年提出すれば、支給要件をみたしているともら...

ここでは児童手当の支給金額ついてまとめています。児童手当は申請したら月に最大15000円ももらえる大変助かる給付金となっています。お子さんの年齢や数によってもらえる児童手当の支給額は違ってきますので、ここでは年齢やお子様の人数別に支給金額の例も載せていますので参考にして下さいね。児童手当の一月あたりもらえる金額児童手当 支給対象年齢支給額(月)0歳〜3歳未満15000円3歳〜小学校修了前10,00...

児童手当の支給月と支給日に関する情報です。児童手当は毎月振り込まれるわけではありません。4ヶ月に一度申請した口座に振り込まれます。児童手当 支給月は2月・6月・10月6月(2月分〜5月分)10月(6月分〜9月分)2月(10月分〜1月分)次回から〜→2017年2月・6月・10月児童手当は4ヶ月ごとにまとめて振り込まれます。児童手当の支給日自治体によって支給される振込み日は異なりますのでお住まいの自治...

ここでは児童手当の目的や支給対象者・受給資格者などについて紹介します。児童手当の目的児童手当は次世代を担う児童の健全な育成と家庭等の生活の安定に寄与することを目的としています。支給対象者中学校修了までの国内に住所を有する児童(15歳に到達後の最初の年度末まで)受給資格者監護生計要件を満たす父母等児童が施設に入所している場合は施設の設置者等児童手当の費用負担児童手当等の財源については、国、地方(都道...

平成24年6月1日より適用となった児童手当の所得制限。所得制限の限度額の一覧です。扶養親族等の数年収【()内は所得】給付額0人833.3万円以上(622万円)子ども一人当たり 月5,000円1人875.6万円以上(660万円)子ども一人当たり 月5,000円2人917万8000円以上(698万円)子ども一人当たり 月5,000円3人960万円以上(736万円)子ども一人当たり 月5,000円4人1...

児童手当ての特例給付とはなんでしょうか。ここでは児童手当の特例給付の金額や今後についてまとめています。所得制限の児童手当 特例給付児童手当てには所得制限があるのですが、現在所得制限世帯では児童一人当たり月額一律5,000円支給されています。このことを児童手当ての特例給付といいます。というのもいつかはこの特例給付の金額5,000円はなくなる予定だからです。いまのところはまだ継続の見込みです。支給月日...

児童手当の現況届について。現況届の書き方や提出・内容についてまとめました。児童手当はまず申し込まないともらえないのですが、さらに1年に1度現況届けというのを市などに提出しないと継続してもらうことはできません。現況届は児童手当等の受給者の6月1日時点の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き受け取る用件を満たしているかどうかを確認するためのものです。提出しないと6月分からの児童手当(子ども手当...

児童手当(旧:子ども手当)の請求者とは誰なんでしょうか。児童手当の認定請求書を記入する時に父親・母親・子供・その他の誰を請求者で申請すればいいのかまとめました。児童手当の請求は誰がすればよいのでしょうか原則として、児童手当の対象となる児童の父又は母で、児童と同居している人が請求者となり、請求者が居住している市町村に対して請求します。ちなみに父母ともに同居されている場合には、家計の中心になっている方...

児童手当の使い道・使い方を調べました。みなさんがどのように児童手当てを使っているかをしって、使い道を迷っている人は参考にして下さいね。児童手当ては月1万円か1万5000円もらえますが、どのような使われ方をしているのか実際に調査されているのでそのアンケート結果をみてみましょう。これは厚生労働省が、平成24年10月に支給された「児童手当等」について、その使い道と使用金額に関する調査を行ったものです。こ...

「児童手当」と「児童扶養手当」は制度名が非常に似ていますが異なる制度です。勘違いしやすいのでまとめてみました。よく勘違いされる例としては、児童手当の正式の名称が児童扶養手当だと思ったり、児童扶養手当の略式名が児童手当だと思う事です。児童手当は以前は「子ども手当て」と呼ばれていた制度で、児童扶養手当は「母子手当て」と呼ばれていた制度と言えば分かりやすいですね。児童手当→以前の子供手当て児童扶養手当→...