児童手当と児童扶養手当の違い

MENU
スポンサーリンク

児童手当と児童扶養手当の違い

児童手当 子育て給付金 違い

「児童手当」と「児童扶養手当」は制度名が非常に似ていますが異なる制度です。勘違いしやすいのでまとめてみました。

 

よく勘違いされる例としては、児童手当の正式の名称が児童扶養手当だと思ったり、児童扶養手当の略式名が児童手当だと思う事です。

 

児童手当は以前は「子ども手当て」と呼ばれていた制度で、児童扶養手当は「母子手当て」と呼ばれていた制度と言えば分かりやすいですね。

 

児童手当→以前の子供手当て
児童扶養手当→以前の母子手当て

 

どちらの制度も所得制限で支給できない事もありますが、児童手当は中学生までの子供を持つ家庭に関係する制度、
児童扶養手当は18歳までの子供を持つ一人親である母子家庭、父子家庭に関係する制度です。

 

もちろん異なる制度なので母子家庭、父子家庭は児童扶養手当だけでなく児童手当も合わせて受給する事ができます。

 

対象

児童手当は中学生までの子供を持つ全ての家庭。
児童扶養手当は一人親で子供を育てる家庭。

 

いつまで支給対象か

児童手当は子供が中学校を卒業するまで。
児童扶養手当は子供が18歳に達する日以後の最初の3月31日まで。

 

支給額

どちらも所得制限がある。
児童手当は3歳未満の子供は月額15000円、3歳から小学校卒業までは月額10000円(第3子以降は月額15000円)、中学生は月額10000円。所得制限を越えた場合は児童一人につき5000円。

 

児童扶養手当は子供一人の場合42000円。子供が複数の場合は2人目は5000円、3人目以降は一人につき3000円の月額加算がある。所得制限を越えた場合は所得により一部支給、支給なしとなる。

 

支給日

児童手当は6月、10月、2月の年3回。
児童扶養手当は4月、8月、12月の年3回。

 

児童扶養手当の2人目以降の支給額が2016年から増額する調整に入ったというニュースがでていますが、母子家庭、父子家庭に関係する児童扶養手当の方です。児童手当ではありませんので間違わないでくださいね。

 

関連ページ

児童手当と子育て給付金の違い


スポンサーリンク

児童手当と児童扶養手当の違い関連ページ

児童手当 申請方法・必要書類・個人番号
児童手当の申請方法について。児童手当はどうやってもらえるのでしょうか。児童手当の申請方法と必要書類、個人番号(マイナンバー)持ち物についてまとめました。
児童手当 金額 2017年・2018年
児童手当の支給金額について。年齢別で分かりやすく紹介しています。2017年・2018年の児童手当(子供手当て)の金額についての情報をまとめています。
支給月・支給日 
児童手当の支給月・支給日に関する最新情報。平成29年(2017年)の児童手当の支給月・支給日についてまとめました。
児童手当の目的と支給対象者
児童手当の目的と支給対象者・受給資格者・費用負担についてのまとめ。
児童手当の所得制限 2017年
児童手当の所得制限についてまとめました。2017の所得制限世帯の給付金額はいくらでしょうか。
児童手当 特例給付とは 内容・廃止?!
児童手当の特例給付についてまとめました。特例給付の金額や支給日について。特例給付の内容と廃止の情報についてまとめました。
児童手当 現況届 現況届の書き方
児童手当の現況届について。現況届の書き方や提出・内容についてまとめました。職業欄の意味・項目の意味についてもまとめています。
児童手当の請求者
児童手当の請求者とは誰なんでしょうか。父親・母親・子供・その他の誰を請求者で申請すればいいのかまとめました。
児童手当ての使い道・使い方
児童手当の使い道・使い方を調べました。みなさんがどのように児童手当てを使っているかをしって、使い道を迷っている人は参考にして下さいね。