私立小学校&中学校 授業料補助 最大10万円!2018年

MENU

私立小学校&中学校 最大10万円の授業料補助!

私立小学校 中学校 授業料補助

子育て世帯に嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

来年の2017年から私立の小中学校に入学する年収590万円未満の世帯に授業料の補助費がでるようです。

 

私立高校の授業料を補助してくれる制度は既にありますが小中学校にはありませんでした。授業料が補助される事で子供の進学の選択肢が増えますね。

 

文部科学省によると授業料の補助額は世帯の年収が約400万円未満の世帯(※共働き・目安)で10万円という事です。

 

授業料補助額

年額10万円を支援

 

学校が代理受領し、授業料が減額されます。
(注: 授業料等の金額が10万円を下回る場合、授業料等相当額まで支援)

 

対象者

平成29年7月1日現在、私立の小学校、中学校、義務教育学校、中等教育学校(前期課程)、特別支援学校(小学部、中学部)に通っている児童生徒が対象です。

 

年収約400万円未満の世帯(※)が対象です。
※ 父母の両方が働き、高校生以上の子供がいない場合の目安であり、家族の状況により、この年収額は変わります。対象となるためには、保護者等の課税証明書(市町村役場、出張所等で発行)の市町村民税の所得割額が、 10万2,300円未満であることが必要です。

 

申請方法

保護者は学校に申請後、授業料から支援額を差し引いた分を支払う予定

 

一般的に私立小中学校の授業料は年間で40万円以上と言われているので大きな補助となりますね。

 

詳しい事&2018年度の最新情報は文部科学省のHPでご確認くださいね。


スポンサーリンク

私立小学校&中学校 授業料補助 最大10万円!2018年関連ページ

【リカレント】 学び直し教育 内容・時期・対象者
リカレント教育とは。高齢者や主婦の学び直し教育推進の政策がとられることになりました。いつからなのか、財源、対象者、内容などについてまとめました。
就学援助制度とは 対象者・申請方法・支給金額
就学援助制度についての最新情報をまとめました。就学援助制度とは。申請方法・届出の仕方。小中学校の給食費等が払えなくて困っている方は必見。
臨時福祉給付金 2018年 対象者・支給金額・申請方法
臨時福祉給付金の2018年の最新情報をお届けします。消費税増税による簡素な給付措置である、低所得者向けの臨時福祉給付金の対象者・金額・支給日・申請方法についてまとめました。
消費税10%時の低所得者給付金
2017年4月の消費税10%時に低所得者に給付金が支給されるという話があります。どんな内容でしょうか。
低所得高齢者に給付金支給 3万円
低所得者の高齢者に給付金を3万円支給するという案が出ています。いつ支給されて、実際の支給金額はいくらないのか?低所得者給付金はどんな人が対象者となるのかについてまとめました。
軽減税率とは いつから・内容
軽減税率についてまとめています。いつからはじまるのかといった開始時期・問題点・対象品目等、軽減税率について。
低所得者給付金 15000円 内容・時期・対象者・申請方法
低所得者を対象にした給付金が2017年もまた支給されます。支給金額15000円といわれていますが、対象者やもらえる期間、申請方法などをまとめました。また、2018年はどうなるのでしょうか?