児童扶養手当 支給金額 2017・2018年

MENU
スポンサーリンク

児童扶養手当 支給額 2017・2018年

児童扶養手当 支給金額

児童扶養手当の支給額はいくらなのでしょうか。

 

それは養育する子供の人数、受給資格者の所得によって変わってきます。

 

また平成28年度(2016年)8月分から児童扶養手当のもらえる金額は値上がりしています。これは2016年12月支給分に反映されました。

 

児童扶養手当 全額支給の場合

養育する子供が一人の場合は全額支給で42290円です。
2人目は9990円加算され、3人目以降は5990円ずつ加算されていきます。

 

手当月額(平成29年4月分から)

子供の人数 支給金額 一部支給
1人目 最大42,290円

42,280円から9,980円
(所得に応じて10円刻み)

2人目 9990円 

合計最大 52280円

9,980円から5,000円
(所得に応じて10円刻み)

3人目以降
(一人につき)

5990円 

合計最大 58270円

5,980円から3,000円
(所得に応じて10円刻み)

※1 平成29年4月分以降手当額が変更になります。
※2 児童が2人いる「全部支給」の受給者の場合は、平成29年4月分以降は月額52,280円が支給されます。
名古屋市の児童扶養手当のHPを参考にさせていただきました。

 

受給資格者の所得によっては一部支給になる事もあります。所得制限があるのでご注意ください。

 

児童扶養手当の金額は改正されることが多いので、以下の情報は古くなっていることもありますので必ずお住まいの市区町村で確認お願いしますね。

 

広告

 

2016年からの児童扶養手当 2人目以降倍額へ

 

児童扶養手当 2人目 倍額

嬉しいニュースが入ってきました。
平成28年度(2016年)度は2人目以降分の支給額倍増となることが決定し実行されています。

 

月5000円の2人目分を1万円へ、各3000円の3人目以降は6000円となりました。(物価スライド制で金額は多少の変更があります)
2016年8月分(12月支給)から支給額を引き上げられています。
それまでは、2人目の子ども分として月5千円、3人目以降は月3千円ずつ一律に支給されていました。

 

基準ですが今のところ2人目は年収171万7千円未満であれば1万円、3人目以降は227万1千円未満であれば6千円を支給される予定です。

 

児童扶養手当 二人目以降 支給額2倍へ

 


スポンサーリンク

児童扶養手当 支給金額 2017・2018年関連ページ

児童扶養手当 支給対象者・申請方法
児童扶養手当の支給対象者と申請方法について。
児童扶養手当 支給月・支給日
児童扶養手当の支給月・支給日について。児童扶養手当が振り込まれる日はいつでしょうか。
児童扶養手当 現況届
児童扶養手当の現況届けについて。提出時期・提出方法・書き方・必要書類についてまとめました。
児童扶養手当 増額 | 二人目以降 支給額2倍へ 2016年
児童扶養手当の2人目以降の支給額が2016年より倍増するニュースが出ています。この児童扶養手当の増額に関するニュースについてまとめました。
児童扶養手当 物価スライド制の導入
児童扶養手当が物価スライド制を導入します。そもそも物価スライド制とは何でしょうか。導入時期とあわせて紹介します。
児童扶養手当の所得制限
児童扶養手当の所得制限について。