児童扶養手当

MENU
スポンサーリンク

児童扶養手当

児童扶養手当の概要・申請方法・金額・支給月・支給日・所得制限などの最新情報をお届けします。

 

児童扶養手当とは

一人親の為の手当てといえます。
(以前は母子手当てとも言われていましたが、現在は父親でも条件を満たしていればもらえます。)

 

児童扶養手当(じどうふようてあて)とは、児童扶養手当法に基づいて児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当てです。
父母が離婚するなどして父親または母親の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当てのことを言います。

 

所得制限はありますが、18歳未満の子供を養育している場合に支給されるこの制度は一人親にとっては助かる制度なっています。

 

児童扶養手当の支給要件や申請方法、支給月日・支給金額・所得制限などについてここではまとめていきますので参考にして下さい。

広告

 

児童扶養手当 情報コンテンツ

 

 

政府の児童扶養手当 厚生労働省HPはこちら

スポンサーリンク

児童扶養手当記事一覧

児童扶養手当の申請には認定請求書の提出が必要となります。児童扶養手当ての受給資格があるかは、都道府県または市が審査をします。離婚・死別などによるひとり親家庭(これに準ずる家庭)において、児童を扶養している方に支給されるこの制度、うまく利用使用しましょう。仮に受給資格があったとしても請求をしないと支給されないので、一人でお子様を育てているお母さん(もしくはお父さん)はまずは請求する事から始めましょう...

児童扶養手当の支給月日についてここでは紹介します。児童扶養手当は指定された金融機関の口座に一年に3回振り込まれます。振込みの通知はありませんので各々で確認する必要があります。4月11日・・・・・12,1,2,3月分8月11日・・・・・4,5,6,7月分12月11日・・・・・8,9,10,11月分児童扶養手当はこのように4月・8月・12月に4か月分まとめて振り込まれます。支給日はどこも11日のようで...

児童扶養手当の支給額はいくらなのでしょうか。それは養育する子供の人数、受給資格者の所得によって変わってきます。また平成28年度(2016年)8月分から児童扶養手当のもらえる金額は値上がりしています。これは2016年12月支給分に反映されました。児童扶養手当 全額支給の場合養育する子供が一人の場合は全額支給で42290円です。2人目は9990円加算され、3人目以降は5990円ずつ加算されていきます。...

児童扶養手当をもらいだしたあと、年に一回現況届けというのを提出しなければなりません。毎年8月に送られてくる現況届けを期間内にきちんと提出しましょう。現況届は、手当を受けている方の前年の所得状況と、8月1日現在の子どもの生活状況を確認するための届出となります。現況届を提出することによって、その年の8月から翌年の7月分までの1年間の支給が決まります。 児童が18歳になるまでこの現況届によって1年ずつ資...

ひとり親家庭にとって嬉しいニュースが入ってきました。児童扶養手当の増額に関するニュースです。2016年度の児童扶養手当ての2人目以降の支給額が倍増となることが決定しました!2016年5月2日の情報です。所得の低い一人親の家庭に対して第2子以降の児童扶養手当を増やす改正児童扶養手当法が、2日の参院本会議で成立した。 改正児童扶養手当法は、参議院本会議で全会一致で可決、成立した。この法律は、一定の所得...

児童扶養手当が物価スライド制を導入します。そもそも物価スライド制とは何でしょうか。導入時期とあわせて紹介します。物価スライド制とは物価スライド制とは、物の価格の上がり下がりを表した「全国消費者物価指数」に合わせて、支給する額を変える仕組みです。子どもが1人の場合の手当額には、すでにこの物価スライド制を導入していますが、子どもが2人以上の場合の加算額にも平成29年4月から導入します。厚生労働省の物価...

1人親家庭もしくは両親のいない家庭で児童を養育している方に支給される児童扶養手当には所得制限が設けられています。ここでは児童扶養手当の所得制限についてまとめてみました。所得の計算方法名古屋市の例を参考にしています。(2016年12月12日時点)http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000009892.html前年の所得から、適用される各種控...