子ども手当 2018年 | 子供手当と児童手当の違い

MENU
スポンサーリンク

子ども手当 2018年 子ども手当と児童手当の違いについて

子ども手当の最新情報2018年についてここでは紹介します。

 

子ども手当は民主党政権下で行われていた政策で、中学生までのお子さん一人につき子ども手当という金額が毎月もらえていました。

 

2009年に民主党が総選挙で、次世代を担う子供を育てる費用を社会全体で応援するという観点で民主党のマニフェストにおいて約束してスタートした手当が子ども手当となります。

 

しかし、自民党に政権が移り、子ども手当という名前も児童手当になり(昔も児童手当という名前でした)内容などは多少変わっています。

 

毎月お金がもらえる(4か月分まとめて振り込まれます)この児童手当は、申請しないともらえないので、子供が生まれたら役所等に申請しましょう。

 

 

児童手当と子ども手当の違い

所得制限が開始

基本的なもらえる金額自体は子ども手当と変わっていないのですが児童手当にかわり所得制限がもうけられました。
児童手当 まとめを詳しくは見てくださいね。

 

現況届が必要

児童手当を受け取るには「現況届」を自治体に提出することが必要になります。提出は6月中が一般的で、対象者には書類が自治体から発送されます。
しかしもともとの児童手当は自動ではもらえません。赤ちゃんが産まれたら地方自治体へ申請する必要がありますので注意してください。

 

 

 

関連ページ

また子供手当てと子育て給付金を勘違いしている人もいます。

スポンサーリンク