国・自治体 支援制度

MENU
スポンサーリンク

国・自治体 支援制度

ここでは届出や申請をすることでもらえる国や司法自治体の様々な生活に関する支援制度についてまとめています。

 

病気・子供・仕事・住まい・老後などお得な制度をしってお金をもらいましょう。

 

子供関係

 

 

その他

スポンサーリンク

国・自治体 支援制度記事一覧

リカレント、学び直し教育の内容や時期、対象者についてここではまとめています。出産・育児で退職した女性や定年退職した高齢者らがビジネスの技能をみがく「リカレント(学び直し)教育」推進のため、政府は2019年度以降に約5000億円を投入する方針を固めたとのニュースが入ってきましたリカレント教育とは義務教育または基礎教育の修了後、社会に出てからも学校などで学び、生涯にわたって学習を続ける教育の形のことで...

就学援助制度についてここではまとめいます。経済状況が厳しい家庭の小学生・中学生に、給食や学用品等を援助する「就学援助制度」というのをご存知でしょうか。これは近年の不況などの影響を受け、親の失業や収入源によってこの制度の援助希望者がかなり増えている制度の一つです。給食の未払い問題とも関係していますね。就学援助制度とは所得が一定基準以下の世帯の小学生・中学生の子供の給食費や学用品など就学にかかわる費用...

臨時福祉給付金の2017年最新情報をお届けします。消費税増税による簡素な給付措置である、低所得者向けの臨時福祉給付金(H29年度)の対象者・金額・支給日・申請方法についてまとめました。消費税が5%から8%、さらに10%に上がることによって家計への影響を考え支給されたこの臨時福祉給付金。2015年・2016年も支給され、続いて2017年も支給されることになりました。申請が終わっているところも多いです...

消費税10%時に低所得者に給付金が支給されるという話が出ています。(2017年(平成29年)4月より消費税は10%に増税されます。→2年半延期決定)また軽減税率が導入されることも決まっています。事実はどうなっているのでしょうか。軽減税率も導入され、年金の低所得者に給付金も支給されることとなりました。>>低所得年金受給者に給付金支給 3万円?!このサイトでは分かり次第情報を載せていきますので参考にし...

低所得の高齢者を対象に給付金を3万円支給が支給されます。いつ支給されて、実際の支給金額はいくらないのか?低所得者給付金はどんな人が対象者となるのかについてまとめました。制度の趣旨「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない高齢者の方への支援高齢者世帯の所得全体の底上げ平成28年前半の個人消費の下支え3万円 給付金 支給対象者給付金の支給対象は、65歳以上で住民税が非課税...

最近毎日のようにニュースで耳にする言葉が「軽減税率」という言葉です。「軽減税率」とは一体何でしょうか。そしてニュースでは軽減税率の話し合いで揉めているようですが何を揉めているのでしょうか。ここでは軽減税率についてまとめてみました。軽減税率とは軽減税率とは軽減という言葉どおり標準の税率よりも低く抑えた税率の事です。現在ニュースで話題になっている軽減税率とは2017年4月から消費税が10%に増税される...

低所得者を対象に1人あたり1万5千円を配る「簡素な給付措置」の拡充が話し合われてましたが給付15000円が2017年も決定しました!昨年度は臨時福祉給付金が年6000円・低所得高齢者への給付金3万円がありますが、それに続く、2017円からの経済対策です。消費税が10%になるのが2年半のびましたが(2019年10月)、それにあわせる形の臨時福祉給付金ですね。政府のニュース(2016年7月29日)政府...

子育て世帯に嬉しいニュースが飛び込んできました。来年の2017年から私立の小中学校に入学する年収590万円未満の世帯に授業料の補助費がでるようです。私立高校の授業料を補助してくれる制度は既にありますが小中学校にはありませんでした。授業料が補助される事で子供の進学の選択肢が増えますね。文部科学省によると授業料の補助額は世帯の年収が250万円未満で14万円、250万円以上350万円未満で12万円、35...