児童扶養手当 物価スライド制の導入

児童扶養手当 物価スライド制 いつ

児童扶養手当が2017年4月より物価スライド制を導入しています。そもそも物価スライド制とは何でしょうか。導入時期とあわせて紹介します。

 

物価スライド制とは

物価スライド制とは、物の価格の上がり下がりを表した「全国消費者物価指数」に合わせて、支給する額を変える仕組みです。

 

子どもが1人の場合の手当額には、すでにこの物価スライド制を導入していますが、子どもが2人以上の場合の加算額にも平成29年4月から導入されています。

 

厚生労働省の物価スライド制にかかわるPDFはこちら  

 

物価スライド制 いつから?導入時期

 

平成29年4月からは物価スライド制が導入

 

導入してどう変わるか

例えば2017年(平成29年)4月より支給額が少なくなっています。
2人目は1万円もらえていたのが9990円と10円少なくなりました。

 

また2018年度になると支給額はあがりました。

 

児童扶養手当 支給金額


スポンサーリンク