年金生活者支援給付金 消費税10%時の低所得者給付金

年金生活者支援給付金 2019

年金生活者支援給付金は消費税10%時の低所得者向け給付金で月に5000円もらえます。

 

その対象者・支給金額・支給日・今後のスケジュールについてまとめました。

 

年金生活者支援給付金とは

年金生活者支援給付金の支給に関する法律があります。

 

2019年10月から消費税が10%にあがる予定ですが、消費税は所得や年金が低い人ほど負担が重くなることから、年金生活者支援給付金を対策実施することで低年金者に安心感を与え、景気への悪影響を防ぐ狙いがあります。

 

実際にはどのくらいもらえるのでしょうか?

年金生活者支援給付金支給金額

年金生活者支援給付金は、年金を受給している低所得の高齢者や障害者を対象に最大月5000円(年6万円)を恒久的に支給

 

対象者

年金収入を含む年間所得が77万円以下の500万人には月5000円。

 

一定の障害基礎年金又は遺族基礎年金の受給者に、障害年金生活者支援給付金又は遺族年金生活者支援給付金を支給されます。
(支給額:月額5000円(1級の障害基礎年金受給者は、月額6.25千円))
→ 対象者:約190万人
対象はあわせて約790万人です。

 

いつから開始?今後のスケジュール

2019年10月の増税時に開始予定ですが、前倒しで1〜2ヶ月早くはじまりそうです。
また決まり次第追記します。

 

支給日

年金と同じく2ヶ月に1回

 

申請方法

未定ですが、おそらく対象者には何らかの連絡があると思います。

 

分かり次第追記します。
月々5000円ずっともらえるのは嬉しいですね。


スポンサーリンク