児童手当の目的と受給資格者

ここでは児童手当の目的や支給対象者・受給資格者などについて紹介します。

 

児童手当の目的

児童手当は次世代を担う児童の健全な育成と家庭等の生活の安定に寄与することを目的としています。

 

支給対象者

中学校修了までの国内に住所を有する児童
(15歳に到達後の最初の年度末まで)

 

受給資格者

  • 監護生計要件を満たす父母等
  • 児童が施設に入所している場合は施設の設置者等

 

児童手当の費用負担

児童手当等の財源については、国、地方(都道府県、市区町村)、事業主拠出金で構成されています。

 

事業主拠出金の額は、標準報酬月額及び標準賞与額を基準として、拠出金率(1.5/1000)を乗じて得た額。
※ 事業主拠出金の一部を財源として児童育成事業(放課後児童クラブ等)を実施。

 

 

児童手当は申請しないともらえませんので注意です。お住まいの自治体に連絡を。

スポンサーリンク